Solana(SOL)とは?PoHによる低コストで超高速なブロックチェーン

Solana

こんにちは、もやしししゃも(@sishamo_moyashi)です。

Solanaは低コストで超高速なブロックチェーンです。

レイヤー1ということになります。

この記事では、Solanaの概要や特徴などを解説します。

もやしししゃも
もやしししゃも

正直理解が難しいところが多かったので、理解が追い付いたら書き足していきます!

Solanaが他のチェーンとどこが違うのか、どのように実現しているのかがわかります。

また、元から難しいので、できるだけ難しい単語を使わないように気を付けています。

SolanaのSOLトークンはBinanceFTXで購入することができます。

どちらの取引所も無料で口座開設でき、多くのアルトコインとの取引ができるので作っておきましょう。

Solanaの概要をザックリ解説

Solanaは低コストで超高速なブロックチェーンです。

多くのトランザクションが必要なDappsやDeFiでの活用を意識しています。

1秒あたり50,000トランザクション超えを処理し、ブロック生成時間は平均0.5秒ほどです。

公式サイトではリアルタイムのパフォーマンスが表示されています。

引用:https://solana.com/ja/

ビットコイン、イーサリアムとも比較してみましょう。(2021年3月)

SolanaBitcoinEthereum
1秒あたりトランザクション50,0003.515
ブロック生成時間0.5秒10分13秒
手数料0.00001$15$18$
合意モデルPoH,PoSPoWPoW(将来的にPoS)
もやしししゃも
もやしししゃも

パフォーマンスが段違い!

SolanaではProof of History(PoH)という合意モデルを採用しています。(あとで触れます。)

また、PoSをPoHの検査として利用しています。

SOLはSolanaによる通貨です。時価総額は24位くらいで上位の方にいます。

SOLはBinanceFTXで購入することができます。

Solanaのサイトを見ると、多くのプロジェクトがSolanaのブロックチェーンに参加しています。

引用:https://solana.com/ja/
もやしししゃも
もやしししゃも

Chainlink、USDT、USDCあたりがいるとは!知らなかったです。

ステーブルコインはよくDeFiで利用されているので、たしかにSolanaと相性がいいと思います。

次に、Solanaがどのようにして高パフォーマンスのブロックチェーンを形成しているのかを説明します。

Solanaの仕組み

Solanaには8つの重要な技術があります。
mediumに英語でまとめられています。

Solanaの8つの技術
  1. Proof of History (PoH):コンセンサスの前の時計
  2. Tower BFT:PBFTのPoH最適化バージョン
  3. タービン:ブロック伝播プロトコル
  4. Gulf Stream:Mempoolなしのトランザクション転送プロトコル
  5. Sealevel:並列スマートコントラクトランタイム
  6. パイプライン:検証最適化のためのトランザクション処理ユニット
  7. Cloudbreak:水平方向にスケーリングされたアカウントデータベース
  8. アーカイバ:分散型台帳ストレージ

この中でもProof of Historyが主役かと思います。

この8つの技術を利用して、ブロックチェーンのトリレンマ(ジレンマの3つ版)を解決しようとしています。

ブロックチェーンのトリレンマ
  • スケーラビリティ
  • セキュリティ
  • 分散性

3つのパラメーターを同時に上げるのは難しいことです。

Solanaの8つの技術のうち、PoHとTowerBFTについて解説します。(PoHメインです)

1.Proof of History(PoH)

Proof of Historyについて、Historyは履歴と訳すのがわかりやすいかもしれません。

PoHについて解説する前に、分散型アプリの時間について軽く説明します。↓

ブロックと時間についてのお話

分散型プロトコルの大きな課題として、世界中に分散されたのノードの時間を同期することが挙げられます。(中央サーバーがないため難しい)

時間がしっかりと同期できないと、過去にさかのぼったトランザクションなどを作ることができます。

ブロックチェーンでは、ブロックが時計の針のような役割を持っています。

次のブロックに進めば時計の針が1つ動いたことになります。

ビットコインではProof of Work(PoW)が採用されています。

PoHでは分散型プロトコルにおける時間の問題を解決します。

Solanaではバリデーターというトランザクションを監査する存在がたくさんいます。

バリデーターがやることは、トランザクションが発生したという履歴を作ることです。

検証可能な遅延関数(Verifiable Delay Function, VDF)で作られた履歴なので、履歴が発生した後に検証することができます。

もやしししゃも
もやしししゃも

遅延は、あとで評価するみたいな意味です。(めちゃムズい。。)

公式のmediumでは、PoHについて次のようなたとえが書かれています。

PoHのたとえ

ニューヨークタイムズの表紙の写真を撮ると、新聞が発行された後に写真が撮られたという証拠が残る。

正直たとえすらも難しいですが、トランザクション(ニューヨークタイムズ発行)があり履歴(写真)が残れば、順序(写真の方があと)がわかり時間ができるというイメージでしょうか。

バリデーターは写真(履歴)を撮るのと、撮られた写真(履歴)を監査するのが仕事という感じですかね。

時間って難しいですね。笑

もやしししゃも
もやしししゃも

認識が間違っていたら教えてください!笑

PoHを利用すると、バリデーターが相互に通信する必要なく「時間」の概念を保つことができます。

PoSではバリデーターが増えると相互通信が指数関数的に増えていき、ブロック生成時間も増えてしまいます。

PoHではバリデーターが増えてもブロック生成時間への影響は少ないです。

もやしししゃも
もやしししゃも

履歴を検証したら時間がわかるという感じですかね。(他のノードと教えあわなくてOK)

どのように遅延検証をしているのかなどは理解できていません。。笑

2.Tower BFT

BFTはビザンチン・フォールト・トレランス性の略語です。ビザンチン将軍問題に対する耐性です。

もともとPBFTというものがあります。PBFTは一部のノードが停止したり悪さをしようとしても問題なく合意形成ができるというものです。

Tower BFTはPBFTと似ている仕組みです。

PBFTと違う点として、Tower BFTでは、ノードが他の全てのバリデーターの状態を監査できるみたいです。

PoHに最適化しています。

SOLトークンの使い道

Solana上にはSOLというトークンがあります。

SOLはBinanceFTXで購入することができます。

SOLは以下のように分配されています。

初期シードセール創業セールチームSolana財団不明・市場に出ていない
16.23%12.92%12.79%10.46%47.6%

SOLの使い道はステーキングです。

ステーキングすることでバリデーターになり、ネットワークを検証してステーキング報酬を得られます。

もやしししゃも
もやしししゃも

ここの仕組みはPoSと同じですね。

SOLのインフレ率は年率8%に設定されています。

毎年15%ずつ減り、11年経ったあたりからは1.5%で固定されます。

以下がSOLのインフレ率のグラフです。

SOLのインフレ率,引用:https://docs.solana.com/implemented-proposals/ed_overview/ed_validation_client_economics/ed_vce_state_validation_protocol_based_rewards

ステーキング報酬のグラフは以下のようになります。

ステーキング率が低いほどステーキング報酬率が高いです。

ステーキング報酬の例, 引用:https://docs.solana.com/implemented-proposals/ed_overview/ed_validation_client_economics/ed_vce_state_validation_protocol_based_rewards

ステーキングについては公式ドキュメントを参考にしてください。

他にもSOLトークンはSolana上のDeFiやDappsで使うことが考えられます。

Solanaでは手数料がかなり小さいため、そこまで多くのSOLを必要としないかもしれません。

まとめ:SolanaはPoHによる高パフォーマンスなブロックチェーン

Solanaというブロックチェーンについて解説しました!

Proof of History(PoH)など解釈が難しいものが多いですが、イーサリアムとは違うアプローチで、低コスト超高速なブロックチェーンを作っていることがわかりました。

SerumやRaydiumなど、Solana上にもたくさんのDeFiができてきています。

また、WormholeというプロジェクトはイーサリアムとSolanaをうまく繋げようとしています。

もやしししゃも
もやしししゃも

今後Solanaが拡大していったらどうなっているのか気になりますね!

新しいDeFiやDappsが発展していけばおもしろいですね!

SOLトークンはBinanceFTXで購入することができます。

どちらの取引所も無料で口座開設でき、多くのアルトコインとの取引ができるので作っておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました